2019年6月12日水曜日

ひっそり更新してみるのだ・・・


こっそりと、密かに更新するのだ。
この記事更新は、ここをこっそりと見てくれた皆様へのささやかなお礼みたいなものなのだ。
今後、ここを更新するかどうかは未定なので、気が向いたらやるかもしれないのだ。

ドメイさんは絵を描くのが実は苦手なのだ。
時間はかかるし、納得がいかないのでなんだか未完成品のような感じなのだ。
そんなドメイさんの苦手意識を少し吹き飛ばした本をご紹介するのだ。

手塚治虫先生の「マンガの描き方」というバイブル本なのだ。聖典なのだ。
この本は、マンガの描き方の教本みたいなものなのだが、プロを目指すという人向けだけにとどまらず、子どもを持つ親御さんでも子どもに向けて、手軽なマンガを描いてあげるときの手助け的なところも抑えられていて、「どんなにつたない絵でも、子どもに向けて描いてやる絵には愛が宿るんだよ」と励ましの言葉までもあるのだ。ここすきなのだ。
先生は、マンガは難しいことを考えなくても、事実であることよりも分かりやすさを優先し制約に縛られず、「ウソを描いても良い」という心強い言葉が書いてあったのだ。
「マンガの本質は落書きにある」という言葉に、ドメイさんはどれだけ気楽になったのか、ありがたい聖典だったのだ。
この本には、マンガの神様がわれわれに伝えたかったであろう大切なことが書かれていたのだ。

2019年6月9日日曜日

おわりなのだ


本日付で、当ブログは更新ストップなのだ。
今までありがとうなのだ。
理由についてはお察しの通り「けものフレンズプロジェクト」に対し、不信感どころではなく人として裏切られた要素があり、それに賛同も納得できないため、今後気持ちよくけもフレ絵が描けないと判断したのだ。
もっとアライさんとフェネックを描いて、1つの動画を作りたかったけど、達成できなかったのだ。
ドメイさんのツイッターは鍵を解除したのだ。ツイッターと当ブログとピクシブとマストドンのアカウントは放置するので、頂いたお返事は丁寧に返せないことをこの場を借りてお詫びするのだ。
アライさんの皮をかぶってない状態のツイッターアカウントを転生させたものだったので、ドメイさんの正体を知ってるひとは知ってるだろうし、バレるのは時間の問題なので、バレたときはバレた時なのだ。
アドセンスのパブコードをググればすぐにバレてしまうこともわざと知っててやってたのだ。バレるかなぁって。
皮をかぶってない時に描いた絵を以下に投下していくので、それをヒントにして探して欲しいのだ。

2019年6月4日火曜日

#アライさん美術部 的な感じなのだ!!!


ドメイさんなのだ。
「ど名産」って誤変換するのだ!!!
絵が完成したのだ!!!
ついでに動画にしてみたのだ!!!

2019年6月3日月曜日

アドセンスなしで運営するのだ!


フェネックなのだ。
うそなのだ。ドメイさんなのだ!

仕事の合間に絵を描いてるが、進まないのでブログ更新してなかったのだ!
まだまだ描いてる途中で、背景も描かないといけないのだ・・・

本題なのだ

2019年5月28日火曜日

外部リンク用の埋め込み「ブログカード」なのだ!


足の長いボスなのだ!(元ネタはこの2コマ目のボスがこう見えたから)
これを勝手に描いたドメイさんなのだ!

さっさと本題なのだ

「はてなブログ」では、リンクの埋め込み機能があるのだが、Blogger にはそんなものはないのだ!!!!
ブログカードを生成するブックマークレットを作ったかたがいたのだ!

ブログカードとは

2019年5月26日日曜日

あらためまして、ドメイさんなのだ。


ドメイさんなのだ!


アライさんの愛称が決まったのだ。
ドメイン取得が趣味のドメイさんなのだ!
突然のドメインやアライさんネーム変更にご不便とご迷惑をおかけして、ごめんなさいなのだ・・・・・・
以上のあいさつがてら、いろんなご報告もあるのだ・・・・・・

新旧ブログのURLの移行について

2019年5月25日土曜日

アライさんの名前とドメインを変更しました


「アライさんxyz」なのだ。
 
「アライさんxyz」でしたが、本日付で「araisan.net(アライさんネット)」に改名することにしたのだ。
「xyz」だと名前が呼びづらいというご意見と、「xyz」ドメインを取得したのは初の試みだったので、アドセンスの審査が通らない要因が「xyz」だからなのでは?と思い、「net」ドメインに移転作業をすることにしたのだ。
よろしくなのだ。

2019年5月24日金曜日

カービィ(辛口)



この記事にはTwitter引用が多いです。

アライさん界隈の間では、カービィ選手権 なるものがプチ流行しているのだ

絵を描いて診断 CanvaSketchがやっているやつなのだ。




なんでマイナス採点なのだ!?







精密採点DXで68点しかでないアライさんxyzは、さらなるリベンジをこころみたのだ。



さらにさらにリベンジ



やっとプラスになったのだ!







はぁぁあああああ!?
(豪華CV:爆笑問題 太田光)





もう採点なんかあてにならないのだ!!


ええい!このサイト(絵を描いて診断 CanvaSketch)を作ったのは誰だ!!!

ぶちのめすのだ!!!(キャラ崩壊)


最後に、見事100点を取ったアライさんでこの記事をしめるのだ!!!





確かにプチ流行しているのだ!!おわりなのだ!!!(プチギレ)

2019年5月23日木曜日

YouTubeアカウント開設したのだ・・・



ケ、ケムリクサの葉の絵を描くのに・・・うぐぐ・・・・・・

すっすごい戸惑っているのだ(本当はサボってる)!

YouTubeアカウント開設したことだし、ためしに動画を貼ってみるのだ(言い訳)!




で、「ことばのプリズム」っていつの番組なのだ?!

なお、オチに密かに仕込んだリンイモの成り立ちの元ネタは以下のツイートからなのだ。



昔から「ことばのプリズム」でMAD作りたかったのだ。


今後、動画投稿報告もするのだ。

p.s. ニコ動にもあげたくても、クソメンテだったのだ・・・・・・・・・

こんなひどい更新で、ご、ごめんなさいなのだあ・・・!

2019年5月21日火曜日

絵を描こうとしたら、アライさんの絵を加工していたのだ・・・



毎日、ケムリクサがピカッと光る子供だましなギミックの報告だと、さすがに飽きられてしまうことに危惧してきたのだ・・・

なので、本日はアライさんxyzの活動報告なのだ・・・

あるアライさんのこんなツイートを見たのだ・・・









絵を「加工」したんじゃなくて、「描こう」した感じだったのだ・・・

フリーアイコンもそうだけど、合成・加工OKのアライさんイラストも増殖傾向にあるかも知れないのだ・・・


配布するアライさんも、利用するアライさんも、おたがいに取り決めたルールと節度を守って、どしどし平和なマッシュアップしあっていくのだ・・・!!!

過去記事でも、そんな説教じみたこと言ってた気がするのだ・・・


これだから、ネットはやめられないのだ・・・!

2019年5月20日月曜日

今日はウスイロちゃん追加なのだ・・・



PCだとマウスカーソル置くと軽く光るのだ。
クリック長押しすると光るのだ。
スマホだとどうなるのかわからないのだ。








2019年5月19日日曜日

#ケムリクサ の剣なのだ! + この記事からコメント欄復活!





PCだとマウスカーソル置くと緑に光るのだ。
クリック長押しすると光るのだ。




PC推奨なのだ

スマホだとタッチでいけるのナ?
iOS だと、Firefox でないとだめっぽいニャ~。
スマホブラウザは、りつねえねみたいにCSSの対応が大雑把なのナ。

追記

「ontouchstart=""」を入れてみるのはどうですか?
わあ! iOS Safariでも光ったのナ!すごいのナ!
ミドリちゃんソードは尊いニャー。
何がそんなにおもしろしい?




この記事から今後コメントを受けつけることになるのだ!


誤操作がこわいので、コメントの管理画面をみないことにしたのだ。

2019年5月18日土曜日

フリーアイコンの作者さんと利用者さんに告ぐ、フリーアイコンのフリーは自由ではないのだ・・・


ブロガーの「アライさんxyz」なのだ!!
自らブロガーを名乗るのはなんか恥ずかしいのだ!
何故なら、まだブログ開設して1週間しか経ってないのだ!
まだまだ新米ブロガーなのだ!
のだのだウルサイのは仕様なのだ!!1



閑話休題という若者に極めて難しい言葉を使わずに本題に入るのだ!



フリーアイコンとはなんなのだ?

「フリーアイコン」とは、作者に使用許諾を取る必要もなく「無料で利用できるアイコン」のことなのだ!
「フリーアイコン」の「フリー」は「自由に使える」というよりも「無料で使える」の意味合いが強いのだ。

例えば「フリーダイヤル」も、発信者が無料でかけられる電話番号(着信課金電話番号)って意味なのだ。しかも「フリーダイヤル」は、NTTコミュニケーションズ社の商標登録で且つ和製英語なので、NHK的にも国際的にも自由に使えないデリケートゾーンくらいデリケートな単語なのだ。
競合他社やNHKでは英単語でもある「フリーフォン」や「フリーコール」を使いがちなのだ。また国際的にみても「0」「1」と「8」に近いものを含むものから始まる諸国が圧倒的に多く(参考Wikipedia記事)、そもそも国際フリーフォンが「800」なのだ。
日本の「0120」は国際的に見ても、スウェーデンの「020」とドミニカ共和国の「1200」と揃って「2」がつく浮いている番号なので、とても気になったのか後年(1999年)になって日本でも「0800」が追加で用意された経緯があるらしいのだ(これは本当にどうでもいい話だったのだ)。
このことは、「鉄棒するネコ」と「木に登るイヌ」を見たら思い出して下さい。


うぐぐ。話が思いっきりそれたのだ・・・。



とまぁ、フリーアイコンを配布してくださるありがたい画像投稿者さんがたくさんいらっしゃる昨今なので、このブログをみてるアライさんも「こんな説明をしなくとも知ってるのだ!アライさんをコケにするななのだ!」と言われそうなのだが、これは念の為なのだ。
しかし、これは画像投稿者さんとその利用者さんに対する注意喚起情報として読んで欲しい話題となっているのだ。
ここで、代表的なフリーアイコンを紹介するのだ。

フリーアイコンといえばアレなのだ!

サーバルのイラスト(「いらすとや」より)





今回、フリーアイコンの代名詞として、かわいいフリー素材集「いらすとや」さんをご紹介するのだ!
アライグマのイラスト(「いらすとや」より)
名前を知らなくても、この独特な絵柄を見るだけで「あーこれか!」ってなるアライさんも多いだろう!(知らない人はこれを機におぼえておくのだ!)



動物のアイコン(「いらすとや」より)
この絵の説明文には「ツイッターやフェイスブックなどのSNSなどで使える~」とあり、実際に使ってる利用者を見かけたアライさんもいらっしゃるかもしれないのだ。


フリーアイコンのリスク

「いらすとや」さんの「よくある質問」には以下のことが書かれているのだ。

SNSやブログのアイコンとして利用できますか?
問題ありませんが、誹謗中傷を目的としたアカウントや愚痴アカウントでのご利用はできません。
これはどういうことなのだ?
「いらすとや」さんの画像を、誹謗中傷スレスレの煽りみたいなニュース記事で使用されてるケースを幾度かみたことがあるのだが、それはいいのか大きな疑問なのだ・・・
「SNSなどで使えるアイコン」と銘打って起きながら、この注意書きの必要性がどこにあるのかと、アライさんxyzは疑問に思ったのだ。
しかし、最近あったトラブルでその意味がよくわかったのだ!!

そのトラブルについて

このトラブルは最近実際に起きたことで、このトラブルはフリーアイコンではないが、フリーアイコンでも起こりうる事なのだ。
詳細は記事下の参考URLにあるのだ。ここでは固有名詞や過激なワードを出さずに説明するのだ(時系列がちがっていたらごめんなのだ)。

絵師Aさんが依頼主に画像を送る。
その画像アイコンに利用するBさんが不満や愚痴を発言するアカウントであった(政治的要素もあるらしい)。
Bさんをみた人が「その利用者に共感してアイコンを提供しているのか」とAさんに直接質問。
Aさんは「その方に共感してアイコンを提供しているといった事はない」「私生活と趣味に夢中で政治や思想に興味がない」「そういった利用者とは基本的に関わりあいたくない」「絵が描きたいだけ」と釈明し、「二次創作なので版権元に注意されたり、愚痴アカウントの場合は、使用は控えてね」と発言。
Bさんは画像利用をやめる。
Bさんの支持者であるCさんが、Aさんの発言に対して、Bさんは「反対の政治思想であるから利用を控えろと言うのか」と言い放ち、政治的差別発言を行う。
Cさんに批判が殺到しCさん鍵垢へ。
それに対して、Cさんの「反対の政治思想であるから利用を控えろと言うのか」発言に同調し、Aさんを批判&ブロック表明するアカウントも現れた。
この騒動を見て、絵を描いてネットに公開することが怖くなったアライさんxyz。




ガクガクブルブルなのだ・・・

フリーアイコンのフリーは自由ではないのだ・・・

記事タイトルでも書いた通り、フリーアイコンは自由には使えないのだ。
フリーアイコンの作者自身が著作権を放棄していなかったり、権利者に許可を取らずに描かれた二次創作(x次創作)だったり、またはその被写体だったりと、さまざまな要因があったりするので、勘違いされがちだけど「フリー=自由」というわけではないことに注意するのだ。

以上で述べたリスクを念頭に置いて、画像投稿者さんは自身の作品をフリーアイコンにしてよいか、よ~~く考えた方が良いのだ。よく考えないで自身の描いた絵をフリーアイコンとするアライさんもちらほらよく見かけたので「これにはリスクがあるのだ」と伝えたかったので、この記事を書いたのだ。
先述の絵師さんのトラブルのように、作者の知らないところで「その利用者に共感してアイコンを提供しているのでは?」「その利用者に共感できずアイコンを提供を控えさせるのでは?」と変な解釈されてしまうことがあるのである。
画像を投下したあとにそのようなトラブルに巻き込まれても、釈明せずノーコメントで通せるような鋼のような心の強さが必要になってくるのだ。
このように作者自身の意に沿わない利用は認めないことを事前に、先述の「いらすとや」さんのように「ガイドライン」や「よくある質問」を作成することで、少しでもリスクを回避するしかないのだ。
自身で絵を描いたり写真を撮ったりして、それを自由に使いつつ「無断転載禁止」とやるほうが無難かも知れないのだ。(かと言ってネットにはゆーこと効かなくて、面白ければ画像の無断転載も「ヨシ!」とする安直な方々もいらっしゃるのが実情なのだ・・・)
というか、アイコンくらい自分で描いたりしないのかと思う昨今なのだ。
以上、アライさんxyzがお送りしたのだ。
こんなに長い記事を書いたのは何年振りかは忘れたけど、ここまで読んでくれてありがとうなのだ・・・


参考文献

「いらすとや」さんでは、ルールを守れば無料で画像が使えるのだ。

先述の「トラブル」は、2019年05月11日 7日頃の実際にあった話なのだ・・・
タイトルも内容も過激と判断しタイトルも割愛の紹介とするのだ・・・


海外でこんな事例があったらしいのだ。


p.s.

アライさんの権利者であるKFPさんやAGNさんから、削除要請や「一度会いませんか?」って言われたら、このブログはやめるしかないのだ・・・
ジョークでもこれを書くのが怖いのだ・・・
アライさんやるのも命懸けなのだ・・・ 

感想は以下のツイートに返信下さい

2019年5月17日金曜日

コメント欄なくした経緯を説明するのだ


アライさんなのだ。
ブログのドメインを変更したけど、変更前にアクセスしても、おそらく大丈夫のようになってるのだ。ついでにヘッダー画像も新しくしたのだ。


コメント管理機能の罠にハマったのだ!!

アライさんは多少のブログの知識はあるけど、実は Blogger は10年振り(ジョークではなく本当なのが恥ずかしいのだ)くらいに使ってるので、まったく使い慣れてないのだ。
記事内に<p>タグを入れると、強制的に<div>タグになるなどのクセのある Blogger くらいしかイメージがなかったのだが、ほかにもクセのある要素盛りだくさんだったのだ。
念願の初コメントがついたのだ(スクショとっておいてよかったのだ)。
ありがとうなのだ。




しかしなのだ・・・・・・・・・


マウスカーソルを置くと削除ボタンは突如現れたのだ。
「コンテンツを削除」を押すと、本文だけ見えなくなるのだが、これをつい誤って押してしまったのだ。
ピクミンやってる時に、ピクミンがすごい犠牲 担った になったときのように「ごめんなさい」を連語しながらも、その言葉もむなしく犠牲になっていくさまを目の当たりにし頭を下げ、悲しみに打ちひしがれたのだ・・・・・・
普通であれば、誤操作の保証で元に戻す機能があるはずなのだが、そこは Google の高貴な遺産サービス Blogger らしく「元に戻す機能が未だにない」のだ。
こんな厄介な初見殺しみたいな罠に引っかかってしまったのだ。




コメント機能をなくしたのだ!

いくら誤削除とは言え、こちらの不注意であるのだ。
コメントを下さった 思ってたより社会復帰が難しいArrayさん には、誠に申し訳なく、この場を借りて深くお詫びを申し上げるのだ。
ごめんなさいなのだ!!
Bloggerのコメント機能はほかの利用者の間からも不満の声がある(フィルタリング機能がガバガバ&Chrome以外のブラウザは冷遇要素)ことは、他サイトのあちこちで知っていたのであまり信用していなかったので、思いっきってなくしたのだ。
で、かわりにコメントは、自身のTwitterで、記事URLを添えたツイートとして書いて欲しいのだ(メーションというか返信ないとエゴサーチするまで気づかないかもなのだ)。
こうすれば、アライさんのおっちょこちょいで削除される心配はなくなるし、わざわざ記事URLサーチして読み手になるかどうかは各自の自由なのだ。
以上なのだ。


p.s.

アドセンス表示したいけど、プライバシーポリシーに、アドセンスについてを追記してからにするのだ。


感想は以下のツイートに返信下さい

2019年5月16日木曜日

(追記あり)アドセンスの設定をしてみたのだ


なんでなのだー??
でも、これはしかたがないのだ。
だって、アライさんは収益のためにブログやってるわけではないのだ!
これからは、アマゾンアソシエイト一筋で、アドセンスなしでやるのだ!!
今後ともよろしくなのだ!!!

Blogger は特殊だったのだ?

投稿後、当ブログのドメインを変更したのだ。



どうやら Blogger での手順がちがっていたようなのだ。
Blogger では、「サブドメインなし」か「サブドメインwww」にすると、スムーズにいけたのだ・・・

そんなわけで、今後アドセンス表示するかも知れないのだ。


感想は以下のツイートに返信下さい

2019年5月15日水曜日

アライさん用ディスコードがあるらしいのだ


実は、この記事は14日に書いてたはずなのだ。
下書き状態のままで分からず消してしまってあとから思い出した始末なのだ。
たいへん申し訳ないのだ。
15日に投稿されてるのに、URLの日付と一致していないのはその理由なのだ。
そんなわけで、話を戻すのだ。
アライさん用のディスコードがあるらしいので、ご案内するのだ。
こちら→ https://discord.gg/FBGx9C なのだ。
アライさん(xyz)は、暇な時は見てるので、よろしくなのだ!


ディスコードってなんなのだ?



ディスコードは誰でも立ち上げることができる高性能チャットアプリなのだ。
Discord (ソフトウェア) - Wikipedia によれば、ユーザー数が世界で1億3000万人以上(2018年5月16日当時)という有名なサービスらしいのだ。
Skype とかのインスタント・メッセンジャーっぽいけれど、より多人数向けな感じになっており、ヤフーチャットの進化版みたいなのだ?
ヤフーチャットバンザイ!!!(ヤフーチャットは幻になったのだ)
テキストチャットはもちろん、画像投稿やファイルのアップロード、多人数の音声通話もできるのだ。


ディスコードってどう使うのだ?

本来はゲームプレーヤー向けでプレイしながら雑談しあったりするような用途が中心だけど、なんらかの避難所チャット的な役割としてもよく使われてるのだ。 
最初は難しいと思うけど、慣れてくると楽しいのだ。
アライさんによっては、コミュニティに合わなかったり、使い勝手が慣れないケースもあるとは思うので、基本的な使い方は少しずつ覚えておいて、自分に合うコミュニティを見つけると良いかも知れないのだ。
何事も経験が大事なのだ。
アライさん(xyz)が、ディスコードを知ったのは実は最近だったりするのは、ここだけの話なのだ~
だから、まったくわからん。


感想は以下のツイートに返信下さい

#りつみんみ を描いたのだ!


りつみんみ
りつみんみ



りつみんみ(ぬりえ)
りつみんみ(ぬりえ)

みんみ教はこれで安泰にゃ~
みんみ~


・・・なのだ!

以下は、描いたきっかけなのだ!

りつねえねを描く理由ができたので、さっそく描くもテーマも表情も思いつかなかったので、ちょうどネコのおクチだったこともあり、真正面にしてサーバルのみんみ風にさせたのだ!
りつみんみも尊いのだ!
りつみんみ動画を切望するのだ!!!


感想は以下のツイートに返信下さい



 
ケムリクサは何度観ても新たな発見があるのだ!

2019年5月13日月曜日

人様に迷惑をかけるのはよくないのだ! (ニコ百の件)

「.xyzドメイン」1円で買ったアライさんなのだ。
みなさんにお伝えしたいことがあるのだ!

こちらをごらんいただくのだ!



ニコニコ大百科の連続投稿 

これは、ニコニコ大百科(ニコ百)記事「9.25けもフレ事件」での書き込みなのだ・・・




これは過去の書き込みログを流して隠蔽させるためが動機なのかもしれないのだ。
おじさんおばさんがよく知ってる「チャット荒らし」的な発想なのだ。 




詳細と考察



ちなみに、この画像だけでお伝えできる量ではないのだ・・・。


【1回目】
>>37360 (2019/05/12(日) 21:33:26)-
>>40376 (2019/05/12(日) 21:37:20)
「火消しを開始します」等を
約4分‬間に3016投稿

【2回目】
>>40445 (2019/05/13(月) 03:20:22)-
>>43099 (2019/05/13(月) 03:26:17)
「火消しを開始します」等を
約6分間に2654‬投稿

【3回目】
>>43106 (2019/05/13(月) 04:17:36)-
>>44837 (2019/05/13(月) 04:22:39)
「火消しを開始します」等を
約5分間に1731‬投稿

 【4回目前半】
>>44867 (2019/05/13(月) 09:26:55)-
>>47374 (2019/05/13(月) 09:30:09)
「火消しを開始します」等を
約3分間に2507‬投稿

【4回目後半】
>>47375(2019/05/13(月) 09:30:26)-
>>50710(2019/05/13(月) 09:33:26)
「 ̣̣̣ 」等を
約3分間に3335投稿

【合計】
約21分間に13243‬投稿

※以上の情報は「けものフレンズちゃんねる」の書き込みにもあるのだが、これはアライさん(xyz)が投稿したものなので、向こうでもよろしくなのだ!!

この英数字羅列は、同一投稿判定から免れるための保険だと思うのだ。
しかし、【4回目後半】からは、それはなく謎の文字のみになっている。

ニコ百では、連続投稿は60秒間またないといけない規制があるのだ。
これを回避するために複数アカウントで同一投稿をしていき、運営の対処ができないであろう日曜日の夜に行うといった「計画的な行為」であることがうかがえるのだ。

該当記事はたまたま「書き込み規制※」対象外に設定されたこともあり、当該の投稿者はそれいいことに把握し一般会員(非課金ユーザー)を複数で持ちこんで、この行為を計画的に行ったと考えられるのだ。

  • ※「書き込み規制」とは・・・
    ニコ百ではプレミアム会員のみが書き込みできる規制があるのだ・・
    この規制方法には利用者の中には賛否があるのだ・・
    しかし、今回のこの行為によっては、もっと議論されるべきなのだ・・

アライさんが考えられるこの件の対策

運営側が行うべく対策と対応

  • IP単位でなくニコ動アカウント単位で判断しているツケで、書き込み頻度があまりにも緻密であったときの判定とそれに伴う書き込み規制を盛り込まなかったためなのだ。その判定がないガバガバさをアピールされたわけなので、運営側も対処しないわけにはいかないだろうし、先述のプレミアム会員のみ可の「書き込み規制」を導入する以前の問題であるのだ。
         
  • また、不適切な書き込みであったなら直ちに書き込み削除 or 当該利用者に対し今後の書き込みの規制 をするなどの運営側による意思表示的なものが必要だが、今回は日曜日の夜に行われたため、企業運営なら対応が遅れても仕方ないのかも知れない。投稿者はそれを意図して狙ってやったとしか思えないのだ。
       
  • ひと昔に搭載された嫌らしいNGワード機能を復活の恐怖はやめてほしいのだ!
    (蛇足だが、ニコ百の過去の経緯は知っておいてほしいのだ。)

       

ニコ百投稿者の対策と対応

  • 今回の件で、ニコ百運営がどのような対策を講じるかにより、書き込みの規制が厳しくなり、巻き添えを食らう形になるかも知れないが、所詮はKADOKAWAの完全子会社「大百科ニュース」が取り仕切っているため(現場スタッフは外部会社の「未来検索ブラジル」の人たちだろうがその実態は不透明なのだ)、今後の対策が不満であり信用ならないとわかれば、とっとと放置して失態の証拠をたくさん残してもらって、意見を投稿するのであれば他のサービスを使ったほうが精神衛生上的にも良いのではないかとアライさんは強く思うのだ。もしも今回の行為を今後放置し加担しているのであればなおさらなのだ。
        
  • かと言って見過ごすわけにはいかないので、掲示板への投稿はしなくても監視はやっておいて損はないのだ。
    今後もこういった不適切な行為の証拠を残してくれるかもしれないので、そのときはログインボーナス会場になりえそうなのだ。

    ROM専して待っているのですよ。
    我々は賢いのです。

まとめ

いろんな意見はあってもいいし、たまたま世に出てしまった「けものフレンズ2」を肯定しようが否定しようが、それは各個人の自由なのだ。
しかし、各個人の意見を尊重するのであれば、ログ流しは掲示板投稿者全員の意見を無条件で阻害し妨げる行為であり、極めて悪質だし、人様に迷惑をかけるのはよくないのだ!
あと、ここに「いかがでしたか」って書くと、うわさによるとフィルタに弾かれて目の肥えたブログ閲覧者様には読まれない可能性があると聞いたので念の為に書いておくのだ。




最後に、この件に関してあまりの怒りに、感情に任せて勢いで書いてしまって、雑な記事になってしまってごめんなさいなのだ・・・・・・
以上なのだ。

後日談(追記)

より被害の規模が各記事で拡大し「2019年5月大百科荒らし事件」という記事でまとめられているのだ。
ニコニコ大百科の運営サイドも「ニコニコ大百科ブロマガ(仮)」にて、言及すとともに「調査の進捗状況次第で随時実施する予定」としているのだ。


p.s.

FireFox だと、Bloggerの管理画面がバグるのだ。
一定時間すぎると、文字が打ち込めなくなるのだ。
さすが、Google なのだ・・・


感想は以下のツイートに返信下さい

2019年5月12日日曜日

「目に毒なのにゃ~」的な #ケムリクサファンアート を描いたのだ!


.xyzドメインのアライさんなのだ!
アライさんは、PictBear をWindows Me 時代から使い倒しているのだ
先日、PictBear で、ケムリクサファンアートを描いたのまとめたのだ!







完成した絵がコチラなのだ!

目に毒なのにゃ~
目に毒なのにゃ~




今後、こういったファンアートを Twitter で、少しずつ描いていき、当ブログでまとめていくのだ!
よろしくなのだ!


感想は以下のツイートに返信下さい



 
ケムリクサは何度観ても新たな発見があるのだ!