2019年6月12日水曜日

ひっそり更新してみるのだ・・・


こっそりと、密かに更新するのだ。
この記事更新は、ここをこっそりと見てくれた皆様へのささやかなお礼みたいなものなのだ。
今後、ここを更新するかどうかは未定なので、気が向いたらやるかもしれないのだ。

ドメイさんは絵を描くのが実は苦手なのだ。
時間はかかるし、納得がいかないのでなんだか未完成品のような感じなのだ。
そんなドメイさんの苦手意識を少し吹き飛ばした本をご紹介するのだ。

手塚治虫先生の「マンガの描き方」というバイブル本なのだ。聖典なのだ。
この本は、マンガの描き方の教本みたいなものなのだが、プロを目指すという人向けだけにとどまらず、子どもを持つ親御さんでも子どもに向けて、手軽なマンガを描いてあげるときの手助け的なところも抑えられていて、「どんなにつたない絵でも、子どもに向けて描いてやる絵には愛が宿るんだよ」と励ましの言葉までもあるのだ。ここすきなのだ。
先生は、マンガは難しいことを考えなくても、事実であることよりも分かりやすさを優先し制約に縛られず、「ウソを描いても良い」という心強い言葉が書いてあったのだ。
「マンガの本質は落書きにある」という言葉に、ドメイさんはどれだけ気楽になったのか、ありがたい聖典だったのだ。
この本には、マンガの神様がわれわれに伝えたかったであろう大切なことが書かれていたのだ。